子供を作る目的以外の場合は、基本的に様々なリスクが考えられるため避妊はすべきです。もしもの時のためにお手元にピルを置いておくといざという時にいいかもしれません。

ピルは継続の服用がポイント肌に優しい無添加化粧品

避妊目的で服用するピルには、主に2種類が存在します。どちらも継続して服用することで、効果が得られるようにできています。しかし、それぞれ飲み方に違いがあるのが特徴です。
21錠入りのものと、28錠入りの2種類があります。それぞれ1シートに分けられており、21錠入りのものは1シート分を飲み終わったら、7日間服用を休止し、その後に再び1シートを服用するようにできています。
28錠入りのものは、7日間の休薬期間の際に、ピルの効き目がないプラシーボ用の薬を服用するようになります。プラシーボとは偽の薬のことで、何も効果を持ちませんが、これを服用することでピルの飲み忘れを防ぎやすいという効果を持っています。
7日間の休薬期間中には、少量ではあるものの、生理のような出血が見られます。休薬期間が過ぎた後には、以前のようにきちんとピルの服用を開始しなければなりません。これを忘れると、妊娠のリスクが一気に高まってしまうからです。
飲み忘れに気づいたら、すぐに1日分を服用します。その次の日は通常通りに、服用を継続するように心がけます。
大人の女性であれば、化粧品を使う機会が多くなりますが、化粧品には無添加の商品が存在します。添加物が含まれる化粧品には、肌に刺激を与える物質や成分が含まれるため、これが肌荒れを招くことがあります。通常の化粧品でかぶれてしまう、炎症を引き起こしやすいという人には、無添加化粧品のほうが向いています。
無添加のものは強力な成分が含まれないため、美容効果をすぐに実感できないことがあります。しかし、長期的に使用を続けることで、肌荒れを回避しやすくなりますので、結果的に美しい肌を維持できる可能性が高まるようになります。