子供を作る目的以外の場合は、基本的に様々なリスクが考えられるため避妊はすべきです。もしもの時のためにお手元にピルを置いておくといざという時にいいかもしれません。

ホームページでピルを注文する事と性交痛について

現在、ピルを入手する方法は主に2つあります。
一つは病院で処方してもらう方法で、この場合は産婦人科などに行くのが一般的です。
もう一つは海外医薬品の個人輸入を利用する方法で、この場合は個人が直接海外のメーカーに注文するのではなく、輸入代行業者のホームページ経由で入手する方法となっています。
ピルは正しく服用する事によって高い避妊効果を期待する事が出来るだけでなく、生理周期を安定させたり肌トラブルを減らす効果も期待できる薬として、現在では服用している人も決して珍しくありません。

ただ、ピルを利用する事によって注意しなければいけない事が有ります。
それが性交痛に関しての事です。
ピル自体は副作用として吐き気などを感じる人もいますが、体が次第に慣れて行くとその症状も徐々に軽減されて行き、次第に感じなくなって行くのが一般的です。
ただ実はそれだけでなく、性交痛を発生させてしまう場合も珍しくありません。

性交痛とはその名の通り、性交時に痛みを感じる物です。
その原因としては膣の入り口がピルによって狭くなる可能性がある事、また抑々膣内の分泌液が減少してしまう事などが考えられます。
その為、元々ピルを服用する前までは何も感じていなかった人も、服用し始めてからは性交痛で悩み始めたと言う人も決して珍しくないのが現状です。
ただ実際にはピルが原因となっていない場合もあり、時には膣内に炎症が起きている場合も珍しくありません。
従って、性交痛を感じた場合はもしかしたら何か疾患があるのかもしれないと考え、出来るだけ早い段階で婦人科に行ってチェックしてもらう事が重要です。
これは、病院でピルを処方してもらっている人だけでなく、個人輸入で入手している人も同様です。