子供を作る目的以外の場合は、基本的に様々なリスクが考えられるため避妊はすべきです。もしもの時のためにお手元にピルを置いておくといざという時にいいかもしれません。

お手元にピルの2016年5月記事一覧

  • ピルのスタートは婦人科でしましょう

    ピルには、女性の卵胞から作られる卵胞ホルモン(エトロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)が含まれています。これらのホルモンを微量に飲むことによって、妊娠を防いだり、生理に伴う様々なトラブルを防ぐことができます。 ピルを…続きを読む